大阪府市民活動のためのクリック募金の協定書締結式とソーシャル・カンバニー・フォーラム2017in大阪

いよいよ真冬らしい気候になり、寒い朝が続く毎日。
12月12日こどもミュージアムプロジェクト事務局もとても忙しがった一日でした。
午前中、大阪府市民活動のためのクリック募金の協定書締結式を参加させていただきました。
午後の5時になると、また経営実践研究会による行うソーシャル・カンバニー・フォーラム2017in大阪で発表させていただきました。
すぐ年末ですから、仕事内容も忙しくなってきます!2017年の最後まで頑張りましょう!!🤛🤛
しかし、冬は寒さで血行不良が起こり筋肉がガチガチになり体力的にも疲れやすくなりますので、体もちゃんと注意してくださいね。



これを使うと人生を変わりますよ!

これは何ですか?IFMC₍集積機能性ミネラル結晶₎と言う新技術です。
IFMCの人体に対する作用は3つあります。一つは血管の内側にある筋肉を緩める物質を増加させることによって血管を広げ血液の流れを促進します。二つは運動能力や姿勢制御に関わる機序は、対になって働く筋肉運動のバランス調整にあると考えています。三つは痛みを感知する発痛物質を押し流し痛みを緩和させると考えられます。
IFMC を含まれる繊維で作ったAXF製品を使うと、体のバランスを整え、身体機能と運動機能を向上させるなど、様々な効果がありますよ。
12月9日、csv事業部で腰の痛みを悩んでいる宮田運輸の運転士たちに対してAXF製品を体験させていただきました。
本当にAXF製品を着ると、みんなはすぐに効果があったのが感じられました。本当に不思議な商品だと思っております。
現在、スポーツ業界におけるIFMCを利用した取り組みがたくさんあります。今後も、運送業界では運転士の体に優しいAXF製品を広めていきたいと思っております。

12月8日、大阪モーターショーへ

大阪府トラック協会様のご好意で、こどもミュージアムプロジェクトを宣伝する用のパネルを出展しました。
パネルをもっと優しく見えるために、私たちは一生懸命にたくさんの可愛らしいマグネットシートを作ってパネルに貼りましたよ!!
皆様はどう思いますか?こんな可愛いパネルをトラックのそばに置くと、気持ちはちょっとだけ優しくなりましたか



交通安全教室

11月9日、こどもミュージアムプロジェクトにご参画頂いた高見起業株式会社様(瀬戸市)にお邪魔頂き、瀬戸市にある幡山西小学校の二年生を対象に交通安全教室を行いました。
瀬戸市市長、瀬戸市議会議員、警察署長が出席頂き、中日新聞社様にも取材に来ていただきました。

子供達が描かれたこどもミュージアム号2台も用意し、子供達に自転車の安全教育、トラックの死角体験など、楽しみながら交通安全について学んでいました。
子供達の元気な笑顔を見て、自分も元気になり、心からこの笑顔を守り続けたいと思いました。
皆さんありがとう~

感謝の心

感謝の気持ちを込めて、私達は子供達に手作りのプレゼントを作りました。
子供の絵で作られたシールは本やお父さんの手帳などに色んな所で貼れます、
これを見ている家族も優しい気持ちになるでしょう。

皆さん、ありがとうございます。皆さんの絵は見る人に優しさを与えますよ!

広がり

こどもミュージアムプロジェクトの物語は「理念と経営」という成功を探求する経営誌に載せました!これからは色んな媒体を通して、こどもミュージアムプロジェクトをもっと多くの人々に知って貰いたい、もっと優しいさを広がっていきたいと考えています。

皆様からの応援は私達の力になります。これからもずっと、この取り組みを続けていきたいと思います、どうぞ、引き続きよろしくお願いいたします。

新たな繋がり

10月19日、一般社団法人DCC(大阪市中央区)の山田 裕也様にお越し頂きました。
山田様はキッズプロジェクトという子供達が楽しみながら夢・自信・生きる力を育むプロジェクトを取り組んで頂いています。

こどもミュージアムプロジェクトにもとても関心を持っていただき、
是非一緒にコラボが出来ればと仰っていただきました。

本当にありがとうございます、どうぞ、よろしくお願いいたします。

守りたいもの

10月6日、西日本ロジスティクス様の紹介で、三木市別所認定こども園にお邪魔し、子供達に紙芝居をした後、こどもミュージアム号を見学し、絵を描いてもらいました。>🔽<
子供達がトラックを乗っている嬉しい横顔、一生懸命絵を描いている姿、帰りとき手を振ってくれる姿を見て、とてもうれしい気持ちになりました。
いっぱい素敵な絵を描いて頂いて、ありがとう~
いっぱいハグをしてくれて、ありがとう~
皆さんの笑顔はきっとみる人に力を与えて、優しい気持ちになれると思います。ありがとう!

センコー様が来ていただきました

9月29日、センコー株式会社様(大阪市北区)安全品質管理部長の井澤様、センコーグループホールディングス株式会社広報室長の吉村様が国際CSV事業部にお越し頂きました。

こどもミュージアムプロジェクトにすごく関心を持っていただき、早くこればいいなと、何かコラボができるように進めていきましょう!と仰っていただきました。

ありがとうございます!よろしくお願いいたします!

ご縁を大切に

9月27日、フエキ運送株式会社(東京都葛飾区)、川和所長様がなんと東京から、2t車に乗ってお見えになられました。

お話しをお伺いすると、1か月ほど前に「子どもミュージアムプロジェクト」の話を聞かれて、すぐに、行きたい!と思って頂いたようなのですが、大阪という事で距離もあり、すぐには実行できず、でも何とかして行きたいと考えて頂いていたようです。
そして、とうとう本日、仕事で、こちら方面に来る機会が出来、ようやく実現しての弊社社長と本社で対面。
社長がその話を聞いて、とても感動し、とにかく少しでも沢山見て帰ってほしいと、CSV事業部にも寄って頂きました。こどもミュージアムプロジェクトについてのプレゼンを聞いて頂き、30分ほどの滞在で、帰って行かれました。

川和所長は、言われていました、「あっという間に着きましたよ」と。
本当に、遠路はるばるありがとうございました。
また、素敵なご縁が繋がりました。
これからもよろしくお願いいたします!